プロフィール

Chibart1

Author:Chibart1
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

CHIBART -+ チバート +-
〜千葉絵画教室の舞台裏〜
チバート展覧会 –星奈画伯–
IMG_1124.jpg

 これは年中さんの星奈画伯による作品です。頂いた立派なシンビジウムを教室に持ち込んで、黄色いが用紙に自由に描いてもらいました。
 お花をよく見て描けています。ピンクだけでなく、白や紫などの様々な色を混色できています。
 大好きなママと星奈画伯自身、そこに美味しそうなケーキを描き加えてこのようなステキな作品を仕上げてくれました。いつも楽しく製作している事が伝わる力作です。

「お父さんの仕事?」
IMG_1044.jpg

 案外子供たちは、お父さんの仕事を詳しく知りません。「会社に行ってお仕事をしてるよ。忙しくてなかなか帰ってこない」までのケースが多いようです。ですから家族の絵でパパが小さく描かれたり、登場しなかったりします。
 先日、仲良し女子の面白い会話がありました。二人は小さな頃から通う高学年です。そして二人は腕利き料理人の娘です。
「いいな〜、アヤのパパは最高級のお店料理長で…ウチなんてそこの蕎麦屋だよ」
 不機嫌なユズの家は、富士見台教室の近くにあるお蕎麦屋さんです。人気店で、いつもお客さんでいっぱいです。店で打つ手打ち蕎麦はもちろん、カレー、カツ丼、ハンバーグ定食など、メニューが豊富。しかも全てのメニューが美味しくて食べ応えアリ!教室にも常連さんはたくさんいます。私も月に2〜3回は必ず食べに行きます。
「私はパパの料理は高級だけど、食べた事ないんだよ」寂し気なアヤのアンサー。
 アヤのパパはアメリカ大使館の目の前にある名店の料理長です。2度ほど食べにいきましたが、著名人やアメリカ大使など、リアルVIPが食事していました。プライスもVIP! 特別な祝いなどで、ヨシ!と気合いを入れなければなかなか行けないお店です。
「マジ!?パパの店で食べた事無いの?」拍子抜けするユズ。
「いいなユズは。パパの料理を食べられて。ウチのパパの店は遠いし高いから、お店行った事ないんだよ」羨ましそうなアヤ。
 静まり二人の会話に聞き耳を立てる教室。そこで私が参戦。
「この前ユズは『ナメコたっぷりネギ少なめウドンね〜!』なんてわがままオーダーしてたぜ!そしたらパパがが『あいよ!』って作るんだよ。良いよな!美味いし!」
 ユズの羨ましすぎる光景にざわつく教室。
「だけどアヤのパパが作ってくれたランチには、特別にキャビア、フォアグラ、トリュフ、を使ってくれたんだよ。世界三大珍味ってヤツよ!その向こうのテーブルには大物俳優が食事してたよ」ドンあつおのグルメ見聞録にさらにざわつく教室。
「キャビア…ま、マジか!?」眉をしかめるユズ。
「皆どおよ?毎日好きなオーダー出来る美味しい蕎麦屋の子になるか、最高級のシェフの子になるか?」
 誰も明確に答えを出せる子はいませんでした。すなわちユズとアヤのパパは、スペシャルな料理人であり自慢のパパなのです。
 教室の子供たちの多くはパパを尊敬しています。そんなパパの仕事をもう一歩踏み込んで子供に伝えると、より敬意が増すように思う今日この頃です。

チバート展覧会 –夏帆画伯–
IMG_1123.jpg

 これは年中さんの星奈画伯による作品です。こちらも頂いた立派なシンビジウムを教室に持ち込んで、黄色いが用紙に自由に描いてもらいました。たわわに咲いた花と大きな葉を力強く表現してくれました。そこに左からのりえセンセ、淳生センセ、みやこセンセ、隣りで描いていたせなちゃん、そして夏帆画伯自身を描き加えてくれています。
 皆で楽しく良い時間が共有できているのだと、講師陣も皆ほっこりさせてくれた作品です。

ドンあつおのグルメ見聞録 –橙 (ダイダイ) ベーグル-
IMG_0492.jpg

 練馬区桜台4-2-9、14:00~売り切れ次第、月曜定休。
 正直、ベーグルを食べたいと思った事はありませんでした。しかしこのベーグルを食べてから、ベーグル好きになりました。
 今まで喉に詰まるような粉っぽい食べ物とおもっていましたが、ここのベーグルはふんわりモッチモチ。プレーンもありますが、様々な具材を入れたベーグルもナイスでした。
http://daidai-nerima.cocolog-nifty.com/blog/ –

チバート展覧会 –じあ画伯–
jia.jpg

 これは年少さんのじあ画伯による作品です。まだ年少さんなので、まだ少し赤ちゃんのような仕草を見せます。日によっては描きながら寝てしまう事もあります。なにしろ楽しくいろんな色にふれ合う時期です。
 様々な課題を理解して描くより、じあ画伯描きたいものを描きたいように描いてもらっています。今回はネコちゃんです。じあ画伯は本能に従い心のままを表現してくれました。じあ画伯らしい可愛い力作です。
 この作品は第48回世界児童画展に入選致しました。



eXTReMe Tracker