FC2ブログ
プロフィール

Chibart1

Author:Chibart1
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

CHIBART -+ チバート +-
〜千葉絵画教室の舞台裏〜
「そう、ドラマチックに」
yyh.jpg

 私たちの目や耳は、実に良くできていていると思います。音や言葉を精査して聞き、良い部分や美しいところをドラマチックに見て記憶できます。「親の欲目」「恋は盲目」なんてワードも同じような意味だと思います。 
 美大受験に挑む若者は、石像からコピーした白い石膏像を歴史上の勇者のように!美しく!ぐぐぐ!なんて鉛筆と消しゴムだけで描いたりします。素材は大理石でもない、ただの薄汚い古い石膏の塊なのにね。そして何時間もかけて美しく感動的に描きます。
 ケネディー暗殺も、FBIやCIA?マフィアか秘密結社の陰謀によって公開処刑された?!なんてドラマチックに解釈します。実はイカれたノーフューチャーなオズワルド青年の奇行による犯行だったりします。しかし世界を変えるかもしれない希望の星がそんな理由で殺されたなんて私たちの耳に入りません。耳障りの良いドラマチックなストーリーで、腑に落としたい一心で歴史を聞こうとしてしまいます。
 実は戦国時代の武将も飲んだ勢いで殺害された事もあると思います。「やっちまおうぜ!オウ!」みたいにね。しかしそれでは腑に落ちません。陰謀や計画、裏切りなど様々な論説が加わり、耳障りの良い誰もが納得できる歴史となるように思います。
 現実は昨日のようなチョイ忙しい日常が積み重なっているだけで、映画や小説のようにオチがありません。しかし教室の子供達は大なり小なりドラマチックに作品を仕上げてくれます。
 彼らはよく間違えて塗りつぶしたり、絵の具をこぼしたり画面上でトラブルを起こします。しかしそこに思わぬ形が生まれ、線が加わり様々な絵が生まれます。素直な子供達の感性と直感で、ハッとするほどの素敵な作品へ形を変えていくのです。そう、ドラマチックに。
 歴史やニュース、スキャンダルや芸術作品など目にして耳にする私たちの目や耳は、思っている以上によくできている!素晴らしい機能があるのだ。なんて思う今日この頃です。
スポンサーサイト





トラックバック
トラックバック URL
http://chibart1.blog.fc2.com/tb.php/809-f22d68f5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

eXTReMe Tracker