プロフィール

Chibart1

Author:Chibart1
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

CHIBART -+ チバート +-
〜千葉絵画教室の舞台裏〜
「ドブネズミ騒動」
565.jpg

 昨年の秋、裏庭でデッカいドブネズミを見かけました。うさぎの弟くらいの大きさね。
 裏庭は冬タイヤなどを置いておく程度の小さなスペースですが、一本だけ実のなるイチジクの木があります。きっとイチジクの実が食べられてしまいます。衛生的にもネズにウロウロされちゃ困ります。 
 そこでホームセンターへ行って罠を購入。中にチーズを入れて庭の角に仕掛けました。漫画みたいにね。
 思った以上にネズミは賢く、全くかかりません。それから半年、すっかり罠なんて忘れ、花粉が舞いだした先日、夜中に裏庭からカタカタ変なおとが聞こえます。覗くと以前仕掛けて忘れていたネズミの罠にデッカいドブネズミが入っていました。イエス!以前見かけたアイツ!
 そのままにして翌朝、家族に報告。
「で、どうすんだ?ずいぶんデカいな、昔の下町じゃバケツに水をいれて突っ込んで水死させたもんだぜ」父が言いました。
「じゃ、お父っつぁんがやって見せてくれよ」私が言いました。
「冗談じゃねーよ!そんな可哀想なコト出来るか!お前が捕まえたんだからお前やれよ」父がアンサー。
「やだよ!」
「じゃそのまま檻ごと埋めちゃえば?」と横から憲子センセ。
「あんた残酷だね、生き埋めかよ!よく思いつくな!生き埋めで死にたくねーな〜」義理の娘相手に父が思った以上に大騒ぎ。「逃がすワケにいかねーし、一気に殺してやった方が良くねーか?」
「じゃ水だな」私が言いました。
「まだ寒いし水じゃ冷てーだろ?せめて最後は暖かいお湯に沈めるか?」と半笑いの父。
「なんだ、お父っつぁんさっきから楽しんでやがんな!」
 家族皆で騒ぐだけ騒いで誰も手を出せず、そのままソ〜っと廃棄してしまったドブネズでした。
 もう2度と罠は仕掛るもんか!なんて思った今日この頃Death。
スポンサーサイト


トラックバック
トラックバック URL
http://chibart1.blog.fc2.com/tb.php/631-26270e37
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

eXTReMe Tracker