プロフィール

Chibart1

Author:Chibart1
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

CHIBART -+ チバート +-
〜千葉絵画教室の舞台裏〜
「見た目??」
IMG_0380.jpg

 私達は見た目で判断しがちです。色が良ければ美味い。ニコニコしていれば優しい娘…等々。しかしうわべだけの判断ミスで、後に大きなツケを支払うコトになったります。
 私が小さな頃の動物図鑑に、クロヒョウとヒョウが別々に表記されていました。同じDNAを持った同種なのに色が違うだけで別の種類として表記していたのです。無知とは愚かで滑稽ですね。
 130年ほど前までアフリカ黒人を別種の動物として狩り、舟に積んでアメリカに運んで売り買いするという狂気に満ちた世界もあった歴史を思い出します。無知とは恐ろしい罪Death!
 私達は見た目で判断しがちです。優しそうな年寄りは皆知識があり、思いやりがあるとは限りません。年月が皆を心ある大人にするかと言えばそうでもないのが悲しい現実です。メガネの子が賢いとは限らず、悲しいヤンキーが物を盗むとは限らないのです。
 園児の絵などにありがちですが、色が濁って暗い絵になる子がいます。それを心配するママが多くいます。
「怒ってばかりいるから暗くなってしまうのかしら?心の闇が描かれているのかしら?」なんてね。
 ご安心ください。教室の子供たちに闇を見た事はほとんどありません。当たり前ですよね、子供に絵を描かせてステキな時間を与えようと考え、愛されている子なのですから。教室でお預かりし、接していると家族の宝物として大事にされている日常がありありと伝わります。
 色が濁って暗い絵になる場合は、大抵一生懸命良い色を作ろうと混ぜ過ぎて塗り過ぎ、頑張り過ぎた結果です。ある意味、心の闇と一番かけ離れた色かもしれません。
 絵に限らず、全ての事柄に言えますが、見た目で安易な判断せず、丁寧な観察と豊かな視線で、より良い判断をしていきたいと思う今日この頃です。
スポンサーサイト


トラックバック
トラックバック URL
http://chibart1.blog.fc2.com/tb.php/602-d6f3def9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

eXTReMe Tracker