FC2ブログ
プロフィール

Chibart1

Author:Chibart1
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

CHIBART -+ チバート +-
〜千葉絵画教室の舞台裏〜
「あなたでしたか!」Part2
 私たちを招き入れ酒盛りをしていた彼らは、漁師や農業様々な職種で地元に生きる誇り高いイカす男たちでした。沖縄の今帰仁(なきじん)をこよなく愛し、蛇皮の三線を小脇に度数のキッツい酒をトクトクとジョッキについで飲む彼らは、私にも飲めと使い込んだジョッキを差し出しました。
 酒に弱い私がここで彼らのように飲んだら数分で腰を抜かして宿に帰れなくなります。イキに飲み交わしたかったのですが、頭をさげ断りました。カッチョ悪いけど子供たちと一緒にヒザをそろえてヤクルトをゴチになりました。
 私は彼らに家族を紹介し、先ほどの末息子が今帰仁城跡で血を噴き出した話をすると、1人の老人がスッと立ち上がりました。
「あなたでしたか!」彼はがっしりとした力強い分厚い手で、末息子の小さな手を握りしめ「私は君を心配していたんだよ!」酒で充血した熱い眼差しで息子を見つめています。私たちはポカーン…なんだこの人…シャーマンか?
 話を聞いたら彼は今帰仁城跡の案内の仕事もしていたのです。そこで子供が転んで怪我をして病院に行ったと聞いて心配していたのでした。するとその家の家主は、その家の玄関先に飾ってあった一番大きな貝殻を外し、私に手渡しました。
「これは魔除けだよ。この大きさでどこも欠けていない貝は、ここでもなかなか見つからない。持って行きなさい」
「え〜っ!コレは見るからに相当強いに魔除けになりそうですね…頂いちゃ悪いですよ…」私は返そうとしました。
「私たちはきっとまた見つけることができる。コレを持って帰って千葉さんは東京の家の玄関に飾りなさい」彼は貝をグイと私の手に押し戻しました。その時、彼の視線はデコを縫い合わせたばかりの息子に向いていました。やはりシャーマンかも…。
 せっかくなので、今帰仁の誇り高い男たちのから魔除けの貝殻(スイジガイ)を頂き、息子及び家族、教室の魔除けとして富士見台教室の玄関先に飾りました。この貝を見るたびに三線の音色を思い出す今日この頃です。

IMG_2331.jpg
スポンサーサイト





トラックバック
トラックバック URL
http://chibart1.blog.fc2.com/tb.php/54-80d8f848
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

eXTReMe Tracker