FC2ブログ
プロフィール

Chibart1

Author:Chibart1
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

CHIBART -+ チバート +-
〜千葉絵画教室の舞台裏〜
「人生は博打…??」
IMG_0578.jpg

 絵を描いたり物作りだけに限らず、スポーツや音楽、学業でもなんでも「感」が良い時と、良くない時があります。そんな「感」が良くない時は知恵を使います。さらに知恵が無ければ、努力で蓄積した知識を使ってその場をしのぎます。
 極端だとは思いますが、人生は博打だ!と言う人もいます。乗るか反るか!デカく張って大勝ちしようとうと思えば、一番大事なのは「感」です。潮目を読んで大負けと大負けの間から、「感」を頼りに大きな勝ちを引きずり出すのです。
 そんなヒヤヒヤした博打人生は打ちたくない。というのであれば「感」に頼らず、知恵を使って大きく負けない場所を選んで、小さな勝ちを重ねます。そして知識で絶えしのぐのです。
 教室で子供たちが絵を描く場合も同じ事が言えると思います。「感」が良ければスルスルと線を引き、楽しんで色をチョイスして思い通りに描きます。しかしいつも「感」が良いとは限りません。そんな時は知恵を使って最善の線と色をチョイスします。それでも思い通りにならない場合は、今まで学んできた線と色を使って絶えしのぎます。
 子供たちが教室で絵を描く場合、大抵「感」を頼りに楽しんで描きます。しかし、いつだって「感」が良いとは限りません。「思い通りに描けない…ウギギ」そんな時こそ真価が問われるように思います。彼らは知恵や、今まで教室で得た蓄積した知識を使って、心に描いた絵を目の前の白い画面に表現するのです。
 教室では、そんな人生のシュミレーションのようなコトをして、子供たちは制作し、成長しているのです。教室の子供たちが絵を描く行為というのは、実は彼らの人生にとって、良い学びとなっているのだ!うほほ!なんて思っている今日この頃です。
スポンサーサイト





トラックバック
トラックバック URL
http://chibart1.blog.fc2.com/tb.php/392-d012d8b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

eXTReMe Tracker