fc2ブログ
プロフィール

Chibart1

Author:Chibart1
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

CHIBART -+ チバート +-
〜千葉絵画教室の舞台裏〜
「看板犬イギー君」
uuuu.jpg

 20年ほど前の富士見台教室には、憲子センセの連れ子だったジャーマンシェパードのカイル君がいました。教室のマスコット犬として子供達とも仲良く過ごしていました。けが人や老人に優しく接する事もできるので、よく教室では、絵を描く子供達の足元で丸くなっていました。
 下校する小学生の集団から教室の子を見つけて出してちょっかいを出したり、ヤクザの集団と思われるイカつい人たちが連れた巨大なグレートデンに、戦闘体制で威嚇してみたり、賢く度胸もある犬でした。
 度重なる病気の末、10年ほど前にカイル君が亡くなった時のショックはデカく、二度と犬は飼えない。という思いでいっぱいになりました。
 それから10年…。生徒君のお友達の犬を、預かって欲しいと現れたのがボズトンテリアのイギー君です。
 臆病で先代のカイル君ほど言うことは聞きませんが、子供好きでヤンチャ坊主で、大きさも含め全く違う魅力でいっぱいです。そしてカイル君と同じように優しい子です。2歳で教室に来て1年が経ち、先月に3歳になりました。気が小さいので、しばらく落ち着かない時期もありましたが、ようやく教室の完全に看板犬になりました。今は富士見台教室では、お迎えを待つ子供達の中でいじられています。
 のりえセンセによる「お手!おかわり!ハイタッチ!」などの小技を習得し、お迎えを待つ教室お友達に芸を見せたりしています。
 先代カイル君との別れが、ペット受け入れの足かせとなっていました。しかしイギー君登場でその足かせは、いとも簡単に吹っ飛びました。
 先代のカイル君のように、これからイギー君も教室の皆と素敵な時間を共有できたら嬉しいと思う今日この頃です。
スポンサーサイト





トラックバック
トラックバック URL
http://chibart1.blog.fc2.com/tb.php/1013-016e87d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

eXTReMe Tracker