fc2ブログ
プロフィール

Chibart1

Author:Chibart1
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

CHIBART -+ チバート +-
〜千葉絵画教室の舞台裏〜
チバート展覧会 –心那画伯–
yjjj.jpg

 これは年長さんの心那画伯による作品です。オレンジ色の画用紙にカブなどの野菜を目の前に置いて描いてくれました。
 はみ出すほど大きく描けたカブの赤い色のグラデーションや、葉の色や形も良く観察できています。背景のオレンジを生かしたポップな世界観もナイスです。心那画伯らしい素敵な力作です。
 これからの心那画伯の成長も楽しみです。

スポンサーサイト



実のある決断を下せるか?
dbbbb.jpg

 詰まるとこ、私達はいつも決断に迫られいます。ファミレスの豊富なメニューから何を選ぶか…なんて小さなチョイスから授業や進路、就職や結婚といったデカめの選択まで、決断は毎日つきまといます。
 相手に返すアンサーも、相手を傷つけまいか…誤解されないだろうか…教室の子供たちは絶えず頭をフル回転させています。彼らも私たち同様『そんな事わかってるよ!』なんて言葉を飲み込んで「へ〜そんなんだ〜」なんて愛想笑いを浮かべてみたりします。
 小さな子供も二手先を読んで調和を選択し、正直な言葉を脇に置いてトラブルを回避しているのです。そして隣人と豊かな時間を共有し、共にステキな実りある制作をしてくれています。
 感情のまま発する言葉や行動は、相手を傷つけ思わぬトラブルになりかねません。キレイだな!なんて色を感情だけて混ぜるとドブのような色になってしなう事は多々あります。教室の子供たちにはそれを体で学んでいます。
 ちょっとした理性と、経験で学んだ知識を頼りに絵の具をチョイスし、彼らはステキな色を作っています。
 実りある決断とは、そんな数秒の感情をコントロールする理性があって下せるのだろう…なんて思える今日この頃です。
チバート展覧会 –うの画伯–
ryy.jpg

 これは年長さんの、うの画伯による作品です。ご覧の通りアジサイを見て描いてもらいました。アジサイはクレパスで線描きし、水彩で着色してくれました。細かな形を大変良く観察できています。時間をかけて頑張ってくれました。
 背景の夕日の色と梅雨時を思わせる雨がナイスです。慌てず自分のペースを崩さず頑張れる、うの画伯らしい素敵な力作です。
ドンあつおのグルメ見聞録 –らぁ麺や 嶋 らぁ麺(醤油)–
shima.jpg

 渋谷区本町3-41-12、10:00頃~16:00営業、土日祝日定休。
 大手ネットランキングで一番と、食べるのに苦労する名店です。10時に開店ですが、行くとすでに長蛇の列…名前を記入して数時間後にようやく食べる事ができました。カウンターに6席しかなく、最高の素材で最高に丁寧に作っている様子でした。
 醤油ラーメンの最高峰ではと思わせる、円やかさと生醤油のキレを兼ね備えた鶏ガラベースのスープは、まさに非の打ちどころの無い1杯でした。
 時間があってどうしても最高のラーメンを食べたい!なんて方にオススメの名店です。
チバート展覧会 –啓子画伯–
keiko3.jpg

 これは大人教室の啓子画伯による油絵作品です。亡くなられた旦那様と育てた冬牡丹を描いてくれました。以前旦那様も教室で描いてくれていました。そのお道具を使って旦那様の撮った写真を手に、愛や悲しみといった様々な思いを込めて仕上げてくれました。
 旦那様への思いが溢れる作品は、F4の小さな画面ですがとても大きく感じる力作です。これからの啓子画伯の作品も楽しみです。

「憲子センセのイラスト入り図鑑が出版されました」
tgtttt.jpg

『世界の探知犬図鑑』(文研出版)です。麻薬探知犬、動植物検疫探知犬、災害救助犬、警察犬などメジャーなものから、DVD探知犬、アワビ探知犬、水漏れ探知犬まで。世界にはいろんな探知犬がいて、人間を助けてくれていることがよくわかります。
 憲子センセは大量の百数十枚のカットを担当しています。図書館にも置かれる予定です。

チバート展覧会 –紗衣画伯–
sae1.jpg

 これは4年生の紗衣画伯による作品です。B3ボードに時間をかけて仕上げてくれました。ご覧通りコーヒーミル、瓶とドライフラワーを目の前に置いて、丁寧に観察して描いてくれました。
 時間をかけて鉛筆で下書きし、構図を決めてコーヒーミルなど複雑な形をペンで線描きして、色鉛筆や水彩絵の具を使って仕上げてくれました。黄色いテーブルクロスや背景の景色もナイスですこれからの紗衣画伯の成長も楽しみです。

「快適で過ごしやすい社会?」
ae5yyy.jpg

 ここ最近、世界は分断され貧富の差が広がり食料危機が待っていて、いろいろ悪い方へ傾いているといった話を耳にします。教室の子供達も不安を口にします。
 はたして本当か?私は疑っています。社会は便利になり、物は溢れいつでも必要な物は手に入ります。遠くの会えない人とネットを通じて会えます。何をそんなに恐れるるんだろう?ってね。
 平成の時代は災害が多く、キツい時代だったという人がいました。確かに阪神・淡路大震災や東日本大震災だけでなく、水害も多数耳にしました。しかし、昭和には東京大空襲や、2発の原爆投下など街を焼き尽くす人災がありました。比べるのは不謹慎かもしれませんが、平成の天災より、昭和の人災の方が地獄絵図だったように思えます。
 煽り運転が多発し、老人の車は暴走する?道には危険がいっぱいだと報道されています。しかし昭和の時代には大量のイカれた暴走族がバンバン走り回っていました。路地裏では若い警官が鉄パイプを暴走バイクに投げ込んで横転させるのも見ました。今だったら大問題です。
 現在は道もどんどんキレイに整備され、車も進化して昔より排気ガスもキレイ、さらに事故率も減っています。暴走族っぽい人は地方にちょっといますが、豊かなので当時のようなヤバさもありません。道の渋滞も減り昔よりずっと快適です。
 昔は駅のホームには灰皿があちこちにあり、線路にはおびただしい吸い殻。ホームの足元にはタンツボまでありました。駅のトイレは目眩がするほどの激臭…。現在は進化した電車が静かに走り、ストライキもく駅も電車もとても快適な空間となっています。
 ニュースでは昔より事件事故をバンバン報道します。不安になります…しかし犯罪件数や犯罪率も減っているのです。実はどんどん快適で過ごしやすい社会になっているのです。
 気候変動や流行病など以前より良くない事もあります。しかし社会は押し並べてどんどん良くなって、以前より安心して快適に生活できます。その事を子供達に伝えて欲しいと思います。教室では進化した社会に感謝し、安心して楽しんで制作してほしい!なんて思う今日この頃です。

ドンあつおのグルメ見聞録 –鍵善良房 四条本店 栗蒸し羊羹–
鍵善良房 四条本店

 京都市東山区祇園町北側264、9:30~18:00営業、日曜定休。
 1726年オープンという老舗中の老舗、鍵善良房(かぎぜんよしふさ)。行ったコトありませんが、頂き物で食べた栗蒸し羊羹にびっくり。しっとり滑らかな仕上がりにドンピシャの甘み風味、言葉を失いました。くずきりが有名な名店だそうです。他の甘味も極上間違いなしです。
 ネットで取り寄せも可能とのこと。今度ネットで取り寄せてみたいと思っております。
https://www.kagizen.co.jp/



eXTReMe Tracker