FC2ブログ
プロフィール

Chibart1

Author:Chibart1
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

CHIBART -+ チバート +-
〜千葉絵画教室の舞台裏〜
チバート展覧会 –隼斗画伯–
r6ttt.jpg

 これは2年生の隼斗画伯くんにが、2週かけて仕上げてくれた作品です。ご覧の通りトランペットを描いてくれました。
 初日は目の前のトランペットをクレパスでじっくりデッサンしてくれました。少し錆びついた複雑な構造の管をしっかり表現できています。さらにサザエと花も描き加え、2日目に包装紙や外国の冊子から自由に切り抜きコラーシュし水彩で仕上げてくれました。背景の色のチョイスが最高にトランペットを引き立ててくれています。
 グイグイ男前に正面から制作できる、隼斗画伯のこれからの成長が楽しみです。

スポンサーサイト



「イッカボッグ」
dfff.jpg

 ハリーポッターで一躍世界トップランカーとなった作家J.K.ローリング氏の新書「イッカボッグ」が静山社さんより発売となりました。
 新しい「イッカボッグ」はハリーポッターも魔法も登場しない別の物語です。作家として売れる以前に、我が子のために毎晩読んで聞かせていたお話だそうです。
 この新書「イッカボッグ」はコロナ禍にホームページで少しずつ公開されていました。公開の理由は挿絵を子どもたちのコンクールにして、選ばれた作品を挿絵として採用するためでした。
 作者が母国、イギリスのロックダウンを目の当たりにし、新型コロナウイルスの影響で家から出られない世界の子どもたちのためを思った企画でした。この企画は世界各国で行われたので、世界同時に国それぞれ子どもの挿絵の入った「イッカボッグ」を出版することになりました。
 J.K.ローリング氏による、世界の子どもたちに向けた優しさが嬉しい企画です。しかもこの印税の全額を新型コロナウイルスで被害を受けた人たちのために寄付するそうです。感動…。
 教室の子どもたちも数人チャレンジして、コンクールに数点選ばれ、日本版「イッカボッグ」の挿絵となりました。ぜひ手にとって読んで見てください。素敵な作品です。教室の子どもの絵もストーリーを盛り上げているので私にとっては格別な物語です!
https://www.sayzansha.com/ickabog/

チバート展覧会 –かいよう画伯–
1.jpg

 これは2年生の、かいよう画伯による鉛筆デッサンです。ストックの花を描いてくれました。
 ふんわりと咲くストックの花と、しなやかなストックの葉の様子を鉛筆だけで大変上手く表現できています。じっくり見て観察しなければ、このように描けません。明暗だけでなく、しなやかさや質感も感じるナイスな鉛筆デッサンです。
 毎週テンション高めに制作を楽しむ、かいよう画伯の成長と作品が楽しみです。

ドンあつおのグルメ見聞録 –わかば たいやき–
re6ii.jpg

 都新宿区若葉1-10、9:00~19:00、~18:30(土)、~18:00(日)営業。
 東京たいやきの御三家のひとつで、1953年オープンという老舗たいやき屋さんです。伝統の一尾一尾焼く天然モノで、皮はカリッと香ばしく、餡はちょっぴり塩気があって甘さ控えめです。餡だけも別売りしています。
 お土産で持ち帰ったった場合は、オーブンで再加熱。カリッと風味が復活します。
 夏場にはカキ氷があるそうで夏になったらトライしたいです。
http://www.246.ne.jp/~i-ozawa/

チバート展覧会 –真緒画伯–
79ii.jpg

 これは5年生の真緒画伯による油絵です。ぱっと見そんなに難しいように見えませんが、ご覧の通り楕円やパースが複雑に配置されたモチーフなので、簡単ではありません。構図を決める下書きの段階でかなり頑張りました。
 白系のレンガの色やコーヒーミルの色は、様々な色を重ねて影の色を表現できています。潔い真緒画伯らしい背景もナイスです。
 自分のペースで制作を楽しめる真緒画伯のこれからの成長が楽しみです。



eXTReMe Tracker