fc2ブログ
プロフィール

Chibart1

Author:Chibart1
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

CHIBART -+ チバート +-
〜千葉絵画教室の舞台裏〜
「合格おめでとう!」
eeeaq.jpg

 教室の生徒たちが美術大学&美術系高校に合格しました。
・東京造形大学デザイン科室内建築に芙結さん。
・ 実践女子大学生活環境デザイン学部
・ 桑沢デザイン研究所総合デザイン科に葉奈さん。
・女子美術付属高等学校に琴子さん。
 皆さん大変頑張りました!これからの益々の学習と制作を楽しんでください。講師一同心よりお祝い申し上げます!
スポンサーサイト



チバート展覧会 –彩萌画伯– 
5y5555.jpg

 これは新4年生の彩萌画伯による作品です。二回かけてミモザのある静物着彩を描いてくれました。ミモザの枝ぶり、りんごの色、ホーローのポットの質感など大変よく観察し。丁寧に表現できています。
 吟味の末にチョイスしたオリジナルの2色も背景もナイスです。バランスよく丁寧に静物を構成できるので、4月からスタートする油絵も他のしみです。

「伯父の漫画」
34t44.jpg
 伯父は現在もビッグコミック(小学館)で「ひねもすのたり日記」という漫画を連載しています。85歳になったこともあり「あしたのジョー」といったスパルタンな連載ではなく、4ページほどの日常や思い出などを描いた、ゆったりしたカラー漫画です。
「お父さんの事を描こうと思ってるんだけどイイかい?」伯父は電話越しに訊きました。
「そんなの…イイいに決まってるじゃん。俺のお父さんの前に、てつや伯父さんの弟だろ?訊くまでもないよ」私はアンサー。
「お父さんの小さかった頃を描き残そうかなって思って…前にあきお(父すぐ上の兄)の事も描いたけどなんか思い出して辛くてさ…」伯父の声はどことなく元気がありませんでした。
 長男の伯父は3人いる弟のうち2人失っています。
「父さんシャイだから生きてたら嫌がるだろうけどね」と、喉まで出かかりましたが抑えました。私も見たことがない伯父の視線の先にあった、幼い父の姿を見たかったからです。
 伯父は父の生まれた中国の病院も憶えていたそうです。父が幼少の頃には親代りとして遠足に連れ添ったり、銭湯に連れて行ったり、高校から美大までの学費も支払ったり、あげく漫画の世界へ引き入れてくれました。伯父は父にとって、ただの兄ではありませんでした。
 現在進行形で3回に分け、伯父は父の思い出を描いてくれています。私の知らない若い父の姿を見れるのは嬉しいですが、伯父は制作にきっと寂しみさと痛みも伴うことと思います。
 私は産まれる前から現在までも、年老いた伯父の大きな傘の下で生きているのだ…なんて思える今日この頃です。

チバート展覧会 –盛行画伯–
shigeyuki23_202404010101593b3.jpg

 これは大人の生徒さんによる作品です。木炭やパステルなどを使って古代ビーナスの首像を、自由に描いてもらいました。
 まずはスケッチブックに鉛筆でデッサンし、微妙な傾げた像のフォルムに苦戦しました。次のページに先ほどの失敗を踏まえ、パズテルなどの道具を使って、色の強さや、抵抗感を押したり引いたり、抜いたり、このように仕上げてくれました。
 石膏の美しいフォルムを、ベーシックな木炭や鉛筆だけにこだわらず、好きな素材で楽しんだ盛行画伯らしい力作です。

ドンあつおのグルメ見聞録 –ROGOVSKI 銀座(ロゴスキー)ビーフストロガノフ–
ロゴスキーびーふすとろがのhぐ

 中央区銀座5-7-10イグジットメルサ7F、11;00~16:00.17:00~22:00営業。日本最古の1951年創業のロシア料理専門店です。
 ランチメニューでチョイスしたビーフストロガノフですが、やわらかい牛フィレ肉のサワークリーム煮込みです。添えられたマッシュポテトもナイスです。
 他に自家栽培のビーツを使ったボルシチ、揚げたて手作りピロシキなど様々な本格ロシア料理を楽しめます。ビジュアルと味と仕事量のわりにリーズナブルなランチでした
 銀座にあしを運んだ際に立ち寄る価値ありです。



eXTReMe Tracker